仮想通貨NEM(ネム)とは?特徴やXEMの将来性、ハーベスティングなど考察

NEM(ネム)

NEM(ネム)はコインチェックでも取り扱いのある通貨で、正式名称「New Economy Movement(新しい経済運動)」の頭文字を取った略称です。

通貨名は「XEM(ゼム)」で表記され、国や政府などの機関に縛られない自由な経済活動を目標に、今後さまざまな分野での利用が期待されています。

成り立ちは2014年1月19日、bitcointalk.orgのフォーラムにてutopianfutureというハンドルネームのチームにより企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました。このメンバーに日本人がいたことで、日本でも注目を集める通貨になりました。

NEMの通貨XEMは、総発行量8,999,999,999XEMが全て発行されており、これ以上コインの総数が増える事はありません。そのためビットコインのようなマイニング(採掘)は存在せず、ハーベスティング(収穫)に参加する事で手数料としてXEMが分配される仕組みがあります。ハーベスティングに関しては後述します。

NEM(ネム)の特徴

NEMの通貨であるXEMは、すでに上限まで発行されており、新たに追加発行される事がないので通貨の価値が下がりにくいと考えられています。

では、ハーベスティングでもらっている報酬な何なの?と疑問に思われる方もいるでしょう。

ハーベスティングはビットコインのようにマイニング(発掘)で新にコインを発見するのではなく、XEMの取引を承認してくれた方に対して、取引で動いたXEMの中から数%を手数料として支払っています。その為、コインの総数は変わらずハーベスティング参加者は持ちコインを増やす事ができます。

ブロック生成間隔が驚異の1分!

ビットコインのブロック生成が10分で1ブロックなので、XEMの1分はかなり早いです!

この速さで何が変わるかと言うと、送金や決済に関する承認スピードが変わります。現在、ビットコインは様々なトラブルやハードフォークによる分裂等で20万件以上の送金詰まりを起こしています…送金詰まりの問題は、例えば貴方がコインチェックからポロニエックスにビットコインを送金した際、何日も承認されずに待ち続ける事です。

仮想通貨の良い部分は送金が簡単、手数料が安い事なので、処理スピードが早く使い勝手の良い通貨ほど将来値上がりする可能性が高くなると言えるでしょう。

セキュリティに優れたアルゴリズム

ビットコインのマイニングにはセキュリティ意識の低い方も多数参加している為、悪質クラッカー達がウィルス感染させようと狙っています。PC処理能力に左右されるマイニングでは、他社のPCを乗っ取って自分のマイニング処理を手伝わせるのが効率的だからです。

これに対して、NEMは違法アクセスを排除するアルゴリズム「EigeTrust++」を採用する事でセキュリティ強化しているのが特徴です。

このアルゴリズムは、ブロックを承認するパソコン=ノードを評価する仕組みで、ハーベスト報酬はノード評価が高い方が多くもらえます。この為、犯罪者が違法行為でハーベスティングしようと考えてもノード評価が低くなるので、必然的に報酬がもらえない状態になり、犯罪者排除につながります。

万人に利益が分配される仕組み

ビットコインのマイニングでは、莫大な資金を使って発掘している人だけに報酬が偏りますが、NEMは資金力だけでなくアカウントの重要度でハーベスト報酬が変わるので、誰でも平等な報酬システムが確立されています。

アカウントごとの重要度(インポータンス)

 

※この記事は制作途中です

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

仮想通貨の特徴紹介に関するおすすめ記事

  • 関連記事がありません
このページTOPへ ↑