【仮想通貨ニュース】アーセナル:サッカークラブが初の仮想通貨企業提携/ICO通貨CashBetを後押し

アーセナルとCashBetの提携
iGamingプラットフォーム提供会社であるCashBetがアーセナルとの提携を交わし、同社の新規トークンをアーセナルのホーム戦で宣伝し、CashBetは自身のICOでアーセナルのブランドを使用できるそうです。
CashBetのビジョン
私たちは、世界中のiGamingコンテンツ提供社、運営社、参加者を含む数十億ドル規模の市場をターゲットにしており、ブロックチェーンを組み込んでいることで、”アクセスを民主化”することができるようになります。

iGamingプラットフォーム提供会社であるCashBetが同社の新規仮想通貨を後押しする目的でアーセナル・フットボールクラブと提携しました。

イギリスのプレミアリーグのチームとiGamingプラットフォームのスポンサー契約は、有名なスポーツチームと仮想通貨提供会社の初めての組み合わせになっています。

企業の新規トークンであるCashBet Coinは、アーセナルのプレミアリーグのホーム戦でロンドンのエミレーツ・スタジアムにて広告が掲載される一方で、CashBetはICOの宣伝にアーセナル・ブランドを使用することができます。

CashBetのCEOで創業者のMike Reaves氏(以下、Reaves氏)は、1月24日に報道社に対して以下のように答えました。

「CashBetのICOで、私たちは、世界中のiGamingコンテンツ提供社、運営社、参加者を含む数十億ドル規模の市場をターゲットにしています。

そして、アーセナルという世界有数のサッカークラブと提携を結ぶことができ非常に光栄に思っています。

その結果、良いブランドイメージを確立でき、参加者を引き込むこともできるでしょう」

CashBet Coinは、会社のゲームプラットフォームでの使用を目的としており、$4000万(約44億円)から$7000万(約77億円)ほどの資金調達を予定しています。

ICOの前売りは1月24日に行われ、期日前に目標達成額に届かない限り2月20日に終了し、一般売りは3月20日から4月27日に行われる予定です。

さらに、Reaves氏は、他の報道社に対して、このトークンは仮想通貨基盤のカジノで主要な問題とされている「スピード、信頼性、コスト」を解決すると言及しました。

CashBetプラットフォームにブロックチェーンを組み込むことで、”アクセスを民主化”させ、銀行のサービスが行き届いていないような新規グループを取り込むことで、新しい市場が開拓されると彼は続けました。

さらに、トークンの採用は、プラットフォームの拡張性を高め、コストを減少させます。

Arsenal Football Club to Promote iGaming Firm ICO

Jan 25, 2018 by Annaiese Milano

参考記事はこちらから

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

仮想通貨まとめに関するおすすめ記事

このページTOPへ ↑