BCH(ビットコインキャッシュイメージ画像

【ビットコインキャッシュ】Coingeekがビットコインキャッシュの1TBブロック開発に約4億9千万円の資金供給

Coingeekがビットコインキャッシュブロックチェーンのブロックサイズスケールアップ計画に360万ユーロ(約4億9千万円)を供給
仮想通貨メディアおよびブロックチェーン会社のCoingeek(金融界大立者Calvin Ayre氏が所有および運営)はNchainとLokadとともにビットコインキャッシュブロックチェーンのブロックサイズをテラバイト(100万MB)までスケールアップすることを目指しています。これにより毎秒700万取引が可能になる、としています。

Coingeekがテラバイトサイズブロックの研究および開発をファンド

Coingeek.comはビットコインキャッシュ(BCH)プロトコルのために1テラバイトブロックを実現させるためのオープンソース開発に資金を供給していることを公表しました。

Coingeekはフランス定量サプライチェーン技術プロバイダLokadと協力しており、さらにNchainとNchain主任科学者Craig Wright氏から援助を受けています。

Coingeekの以下のように発表しました。

「Segwitを導入したビットコインは現在の最高ブロックサイズ(1MB:1秒に3-4取引)の引き上げを拒否しているため、自身の発達を束縛しています。それにより自らを仮想通貨の歴史の中のゴミ捨て場へと運命づけています」

そして2017年10月、ビットコインキャッシュコミュニティは、「Gigablock Testnet Initiative(Bitcoin UnlimitedとNchainの共同イニシアチブ)」により1ギガバイト(1GB)ブロックのマインおよび繁殖が成功したという知らせを受けました。

1秒700万取引

Lokad創設者Joannes Vermorel氏はビットコインキャッシュチェーンでテラバイトサイズブロックが実装可能であることを明らかにしました。

Coingeekはそのようなスケーリングが取引量を指数関数的に向上させると考え、Terabプロジェクトに360万ユーロ(約4億9千万円)を資金として供給しました。

「たった一つのテラバイトブロック(10分ごとに追加)で40億ものビットコイン取引が可能です(1秒に700万取引)。1TBブロックのネットワークのスケールは巨大であり、それが実装されればビットコインキャッシュは貨幣的取引だけでなく、多種類のM2M(machine-to-machine)データ取引を可能にするでしょう」

TerabプロジェクトはP2P電子キャッシュシステム専用

Coingeekによると、Nchain主任科学者Craig Wright氏はTerabプロジェクトと緊密に作業し、そしてLokadはTerabソフトウェア開発チームを雇用および管理します。

Terabプロジェクトはビットコインキャッシュチェーン専用に作られます。

Coingeek所有者Calvin Ayre氏はこのような開発がSatoshi氏の「P2P電子キャッシュシステム」ビジョンに応用されるべきであると考えています。

Ayre氏はCoingeek発表にて、以下のように説明しました。

「仮想通貨に対する批判は、低手数料マイクロ取引を成し遂げるために取り壊す必要がある障害物に気づかせてくれます。それらの障害物についてはそのうち取り上げます。そしてビットコインキャッシュがただ一つの本物のチェーンであることを証明しますので、心配は無用です」

さらに、Coingeekはビットコインキャッシュネットワークの成長と採用を目的とした他の計画にも資金を供給する予定であることを明かしました。

Coingeekは、ビットコインキャッシュ用のアイデアや作りたいアプリケーションがあるオープンソースコミュニティ開発者は(資金供給の対象となる可能性があるため)連絡をするようお願いしています。

Coingeek Funds Terabyte Block Initiative for Bitcoin Cash With 3.6M Euro

Jan. 16, 2018 by Jamie Redman

参考記事はこちらから

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

BCH(ビットコインキャッシュに関するおすすめ記事

このページTOPへ ↑